ハウスクリーニング市場は拡大

野村総合研究所が経済産業省より受託して実施した調査、「家庭生活サポートサービス産業についての調査事業」におけるアンケート調査によると・・・

upup

認知度は?

80%超と高い

今後の市場規模は?

  平成23年時点 将来の市場規模
ハウスクリーニング 560億 3,360億
家事代行サービス 290億 1,720億

将来の市場規模は約6倍に拡大の見込み! 市場拡大の背景には働く女性の増加があります。共働き世帯であっても家事の大半を女性が負担しており、子供がいる場合はより負担は大きくなっています。 こういった現状にあって家事の一部を専門業者に委託する流れが、将来の市場規模拡大につながっています。

ハウスクリーニングはリピート性が高い

同アンケート調査によると、「家庭生活サポートサービス」(ハウスクリーニングを含む)の満足度とリピート利用の意向は以下の通りでした。

満足度調査

manzokudo


「とても満足」「まあ満足」を合わせると満足と答えた人は95%と極めて満足度は高い結果になっております。

リピート利用の意向

サービス利用経験がある人のリピート利用の意向  

ハウスクリーニング  94%

家事代行サービス   96%

ハウスクリーニングのリピート利用意向は極めて高く、一度サービスを受けたお客様はリピーターになる可能性が高い事がわかります。

このアンケート調査でハウスクリーニングは満足度が高く、お客様はリピーターになりやすい事がわかります。 この事はハウスクリーニング事業が、リテール(個人)顧客を獲得することで、徐々に安定した事業になっていく事を意味しています。

サービスを利用しない最大の理由は?

同アンケート調査によると、「家庭生活サポートサービス」を利用していない理由のTOP3は・・・・

  1. 価格が高いため
  2. 家族内で対応できており、サービスを利用する必要性を感じないため
  3. 他人に家の中に入られることに抵抗があるため

上記理由からハウスクリーニング業者のできる対策は次の様なものが考えられます。

まず価格面は・・・

  • 現在の価格を高いと感じない富裕層を対象とした営業活動をする
  • 収益を減らしてもさらに低価格にしていく
  • 現在のメニューに加え低価格メニューを考案する

他人を家に入れる抵抗感を少なくするには・・・

  • 礼節、マナーに気を付ける(訪問や電話対応時)
  • 清潔感、安心感のある見た目に気をつける(髪型や服装など)

結論:ハウスクリーニング業は長期的に魅力的!

ハウスクリーニング市場が今後も拡大していく中、リテール(個人)顧客をいち早く獲得し、リピート顧客化することは長期的な拡大・安定をもたらす魅力的な事業であるといえます。

ホームページLABO代表

当社なら・・・
低価格の月額費用で、PCサイトと、スマホ(モバイル)サイトを持つことができ、更新も無料でできるので、費用対効果の高い無理のないサイト運営が長期的に可能です。
またターゲット地域へのSEO対策もしっかりしますので、クライアント様の営業を強力にバックアップできるものと思っております。

hiketu1

費用対効果NO.1。ホームページ成功の秘訣はこちらをクリック!!▲▲▲

このページを見た方はこちらもご覧いただいてます

bana

ハウスクリーニング業の営業

ハウスクリーニング業のリテール顧客獲得の方法についての内容になります。

会員様サイト

会員様サイトのご紹介

実際に制作させていただいた会員様サイトになります。

問合せ